金額の相場について

親戚への結婚祝いの金額について

親戚へのご祝儀の相場について

お祝い金は「披露宴に出席するか、しないか」によって、異なります。だいたいの基準は下記の通りになりますが、自分の年齢やつきあいの度合い、地方ごとのしきたりによって異なりますので、ご注意ください。

披露宴に出席する場合:5万~10万円

披露宴に出席しない場合:1万円程度

夫婦でご祝儀を贈る場合のマナーについて

夫婦で結婚祝いを贈る場合は、金額も2人分包みます

1人3万円ずつの場合は、偶数の「6」を避け、奮発して7万円包むか、5万円にして品物を添えるなど工夫してください。

新札のマナーについて

新しい生活をスタートさせる新郎新婦へのお祝いの気持ちと、清浄なものを贈る意味でも、必ず新札を用意してください。

ご祝儀を郵送する場合のマナーについて

現金を現金書留で送る場合は、現金書留封筒に折らずに入る小さ目の祝儀袋に現金を入れ、手渡す場合と同様に、表書きなどをして送ります。

親戚へのプレゼントの相場について

披露宴に出席する場合:3万~10万円

披露宴に出席しない場合:1万~5万円

おすすめなプレゼントについて

新居を構える二人には、生活実用品が好まれます。親しい関係であれば、相手の欲しいものを聞いてプレゼントするのがベスト。

両親と同居するなら、生活用品は揃っていると考えて、二人で使うものを選ぶとよいでしょう。

☆プレゼントのタイミング

式の一週間前までに、できれば直接持参しますが、できない場合は宅配便で送ってもよいでしょう。正式には、吉日の午前中に持参しますが、あまり長居しないのがマナー。

披露宴に招かれていない場合は、お祝いの品が挙式前に届くと相手にかえって気を使わせてしまうので、新婚旅行から帰ったころに届くように配慮します。このときには、必ず品物が届くより前に、お祝い状を別送します

予算別のお祝いギフトについて

3000円前後:耐熱ガラス鍋、ナイフ・フォークセット、防災セット、エプロン、料理本など

5000円前後:観葉植物、トースター、スリッパセット、ベッドカバー、日曜大工セット、救急箱一式、家庭医学大事典など

1万円前後:コーヒーメーカー、ホットプレート、ペアクッション、ふとん乾燥機、夫婦パジャマセット、掛け時計など

おすすめ出来ないお祝いギフトについて

肌に直接つけるもの:下着、靴、靴下など

刃物・割れ物:はさみ、包丁、鏡など、「切る」「刺す」「割れる」など、忌み言葉に通じる物は、縁起が良くないとされます。

お返し(内祝い)の相場について

お返し(内祝い)の金額は「半返し」が一般的です。

後輩など目下の人からの祝いのお返しは「同額程度」というのが決まりです。

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

「贈答のルールとお金の事典」より

達磨の紹介について

ブライダルだるまの紹介

結婚式ウェルカムグッズ

結婚式ウェルカムアイテム

結婚式の寄せ書きのアイデア

結婚式での両親へのサプライズ

結婚式での祖父母へのプレゼント

 

福だるまの紹介

結婚祝いの贈り物

結婚祝いのメッセージカード

友達への結婚祝いのプレゼント

同僚への結婚祝いのプレゼント

結婚お祝いのプレゼント

 

カラーだるまの紹介

結婚祝いの寄せ書き

結婚式の二次会のプレゼント

結婚式の二次会のサプライズ