結婚式の男性の服装について

服装のマナーについて

男性の和の礼装は紋つき羽織袴ですが、これは通常、新郎か両家の父親、媒酌人が着るもの。招待客は洋装にするのが一般的です。

洋装では、女性の場合と同様に、自分の立場や披露宴の行なわれる時間帯によって、装いを変える必要があります。

一般の招待客なら、昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードの準礼装にするのが正式。

とはいえ、かなりあらたまった披露宴でないかぎり、昼夜どちらでも着用できるブラックスーツかダークスーツの略礼装でも充分祝福の気持ちはあらわせます。

これらは、小物を替えれば慶弔の区別なく着られるので重宝します。

シャツ、ネクタイ、アイテムのマナーについて

礼装の種類や披露宴の時間帯によって、シャツやベスト、ネクタイ、チーフなど小物類の合わせ方も決まってきます。

昼夜兼用のブラックスーツなら、レギュラーカラーかウイングカラーのシャツに、シルバーグレーのネクタイ。

夜は黒の蝶ネクタイにしても。ベストは上着と共布かグレー、白絹のポケットチーフを飾ります。

アクセサリーを着けるなら、昼は光らないもの、夜はメタリックなど光沢のあるものを。

ブラックタイ着用=タキシード着用について

招待状に“ブラックタイ着用”とあれば、これは単にタイを指定しているわけでなく“タキシード着用”という意味になります。ブラックタイとは、タキシードに合わせる黒のボウタイ(蝶ネクタイ)のことだからです。

色ボウタイを合わせるカラータキシードは、略礼装になります。

また“平服で”という指定がある場合は、ダークスーツが適当です。カジュアルすぎるものは避けましょう。

スーツのマナーについて

☆男性一般招待客の洋装:準礼装・「昼」について

ディレクターズスーツ:モーニングコートの略装、黒やダークグレーなどの上着にモーニング用のズボン

ポイント:白のレギュラーかウイングカラーのシャツ

ポイント:白黒の縞かシルバーグレーのネクタイ

ポイント:上着と共布かグレーのベスト

ポイント:白麻のポケットチーフをスリーピークスに。

☆男性一般招待客の洋装:準礼装・「夜」について

タキシード:テールコートの略装、黒のひとつボタンの上着に、側章1本つきのズボン

ポイント:白のレギュラーかウイングカラーで、プリーツなどのついたドレスシャツ

ポイント:黒の蝶ネクタイ

ポイント:カマーバンド(幅広の腰帯)着用

ポイント:白絹のポケットチーフをクラッシュド・スタイルなどに

☆男性一般招待客の洋装:略礼装・「昼」と「夜」について

ブラックスーツ:黒の上着と同布のズボン

ポイント:白のレギュラーかウイングカラーのシャツ

ポイント:シルバーグレーのネクタイ、夜は蝶ネクタイにしてもよい

ポイント:白絹のポケットチーフをアイビー・フォールドなどに

☆男性一般招待客の洋装:略礼装・「昼」と「夜」について

ダークスーツ:ダークグレー、濃紺のスーツ

ポイント:白のワイシャツ

ポイント:シルバーグレーや縞のネクタイ

ポイント:白絹のポケットチーフをアイビー・フォールドなどに

「冠婚葬祭マナーの便利帖」より

達磨の紹介について

ブライダルだるまの紹介

結婚式ウェルカムグッズ

結婚式ウェルカムアイテム

結婚式の寄せ書きのアイデア

結婚式での両親へのサプライズ

結婚式での祖父母へのプレゼント

 

福だるまの紹介

結婚祝いの贈り物

結婚祝いのメッセージカード

友達への結婚祝いのプレゼント

同僚への結婚祝いのプレゼント

結婚お祝いのプレゼント

 

カラーだるまの紹介

結婚祝いの寄せ書き

結婚式の二次会のプレゼント

結婚式の二次会のサプライズ