結婚のお祝い.com | 喜ばれる結婚祝いのマナーを解説

結婚のお祝い.comについて

結婚祝いのマナー

結婚祝いについて

結婚祝いのマナーである
「おすすめなプレゼント」
「お祝いの金額の相場」
「のしの書き方」
「メッセージの文例」
「お返し」
などを解説しています。

結婚式の事前の準備と当日のマナー

結婚式について

「招待状の返事の書き方」
「服装のマナー」
「受付でのマナー」
「スピーチの文例」
「当日のマナー」
などを解説しています。

二次会の準備

結婚式の二次会について

結婚式の二次会の
「二次会のマナー」
「男性、女性の服装」
「幹事の準備」
「当日のスケジュール」
などを解説しています。

達磨の紹介について

ブライダルだるまの紹介

結婚式ウェルカムグッズ

結婚式ウェルカムアイテム

結婚式の寄せ書きのアイデア

結婚式での両親へのサプライズ

結婚式での祖父母へのプレゼント

 

福だるまの紹介

結婚祝いの贈り物

結婚祝いのメッセージカード

友達への結婚祝いのプレゼント

同僚への結婚祝いのプレゼント

結婚お祝いのプレゼント

 

カラーだるまの紹介

結婚祝いの寄せ書き

結婚式の二次会のプレゼント

結婚式の二次会のサプライズ

お祝いのマナーについて

プレゼントの選び方について

新居を構える二人には、生活実用品が好まれます。親しい関係であれば、相手の欲しいものを聞いてプレゼントするのがベスト。両親と同居するなら、生活用品は揃っていると考えて、二人で使うものを選ぶとよいでしょう。

☆おすすめ出来ないプレゼント

肌に直接つけるもの:下着、靴、靴下など

刃物・割れ物:はさみ、包丁、鏡など、「切る」「刺す」「割れる」など、忌み言葉に通じる物は、縁起が良くないとされます。

☆予算別のプレゼント

3000円前後:耐熱ガラス鍋、ナイフ・フォークセット、防災セット、エプロン、料理本など

5000円前後:観葉植物、トースター、スリッパセット、ベッドカバー、日曜大工セット、救急箱一式、家庭医学大事典など

1万円前後:コーヒーメーカー、ホットプレート、ペアクッション、ふとん乾燥機、夫婦パジャマセット、掛け時計など

プレゼントの郵送の仕方について

式の一週間前までに、できれば直接持参しますが、できない場合は宅配便で送ってもよいでしょう。正式には、吉日の午前中に持参しますが、あまり長居しないのがマナー。

披露宴に招かれていない場合は、お祝いの品が挙式前に届くと相手にかえって気を使わせてしまうので、新婚旅行から帰ったころに届くように配慮します。このときには、必ず品物が届くより前に、お祝い状を別送します

お祝いの金額の相場について

☆披露宴に出席する場合の金額の相場

本人との関係・・・金額の目安

兄弟姉妹・・・2万~3万円

いとこ・・・3万~5万円

甥・姪・・・3万~10万円

勤務先の同僚・・・2万~3万円

勤務先の部下・・・2万~3万円

友人・知人・・・2万~3万円

☆披露宴を欠席する場合の金額の相場

本人との関係・・・金額の目安

兄弟姉妹・・・1万~5万円

いとこ・・・1万~3万円

甥・姪・・・1万~5万円

勤務先の同僚・・・3千~1万円

勤務先の部下・・・5千~1万円

友人・知人・・・5千~1万円

のしの書き方について

水引:金銀や紅白の結び切り

のし:あり

表書き/上書き:「寿」「壽」など

表書き/姓名:寿よりやや小さめのフルネーム

プレゼントに添えるメッセージカードの文例について

・ご結婚おめでとうございます。この日の感激をいつまでも忘れず、長い人生をともに助け合って、楽しい家庭を築いてください。

・ここに生まれたすてきなカップル、ここから芽生える小さなドラマ今日から築く楽しい家庭、今日から始まる大きな幸せ。ご結婚おめでとうございます。

・レモンのようにフレッシュで、ビールのようにコクがあり、ジュースのように甘い家庭を、二人で仲良くつくってください。末ながくお幸せに。

・ご結婚おめでとう! これからも「なくてはならない大事な人」として、お互いにいたわり合い、見つめ合ってお暮らしください。

・ご結婚おめでとう。 いつまでも相手のことを思いやる心を忘れないで、明るいご家庭を築いてください。これからも末ながくお幸せに。

・ご結婚おめでとう。 いつまでも相手のことを思いやる心を忘れないで、明るいご家庭を築いてください。これからも末ながくお幸せに。

・ご結婚おめでとうございます。新しい人生のスタートにあたり、これからの長い道のりをお二人でたゆまず進まれることを心より願っております。

・人生最良の日を迎えられ、本当におめでとうございます。この日の感激を胸に、明るいご家庭をおつくりください。

・ご結婚おめでとうございます。お二人でつかんだ幸せ、大きく、大きく育ててください。お二人のさらなる飛躍をお祈りいたします。

・華燭のご盛典を祝しますとともに、お二人の新しい門出にあたり、ご多幸とご健康をお祈りいたします。

・ご結婚おめでとうございます。ご両親様もさぞお喜びのことと存じます。これからは、お二人で親孝行をしてください。前途ますますのご多幸をお祈りいたします。

・ご結婚おめでとうございます。これからは家庭と仕事、ともに頑張ってください。私たちも応援します。

・ご結婚おめでとうございます。これからはお二人で、仕事に家庭生活に、さらに飛躍されますようお祈りいたします。いつまでもお幸せに。

・ご結婚おめでとうございます。ご招待いただきましたのに、出席できずに申し訳ございません。 お二人の未来が素晴らしいものでありますようお祈りいたします。

・ご結婚おめでとうございます。何事にも誠実に対応し誰からも慕われるお人柄の●●様。結婚生活も円満に歩んでいかれることと存じます。末ながいお幸せとさらなる飛躍を心よりお祈り申しあげます。

・ご結婚おめでとうございます。若いお二人の輝かしい門出を祝福し、前途ますますのご多幸と、ご家族皆様方のご隆盛を祈念いたします。

・ご子息様のご結婚を、心よりお喜び申しあげます。 末ながいお幸せと、ますますのご発展をお祈りしております。

・お嬢様の晴れのご結婚、心よりお祝い申しあげます。お二人の末ながいお幸せをお祈りいたします。

・長い間慈しみ育まれたお嬢様の晴れの日を迎えられ、どんなにか、お喜びのことと思います。心よりお祝い申しあげます。

・泣いて、笑って、怒って、感激して。 そんな積み重ねが「心で話せる夫婦」をつくることでしょう。新しいドラマの幕開けにカンパイ!

・●●くん、●●さん、ご結婚おめでとうございます。この日の感激をいつまでも忘れず、長い人生をともに助け合って、明るい家庭を築いてください。いつまでもお幸せに。

・華燭のご盛典を心よりお慶び申しあげます。お二人の輝かしい前途をお祝い申しあげ、末ながいお幸せと、ご家族皆様方の今後ますますのご隆盛を祈念いたします。

・ご結婚おめでとうございます。お二人の新生活の門出を心から祝福申しあげます。これからは二人三脚で素晴らしいご家庭を築かれますようお祈りいたします。末ながくお幸せに。

・ご結婚おめでとうございます。新しい人生のスタートにあたり、 これからの長い道のりをお二人で力を合わせて進まれることを心よりお祈りいたします。明るく楽しい家庭を築いてください。

・ご結婚おめでとうございます。よきパートナーを得られ、新生活をスタートされるお二人に心よりお祝い申しあげます。力を合わせ明るく楽しい家庭を築いてください。ますますのご多幸とご健康をお祈りいたします。

・今、となりにいる人の横顔を見つめる気持ちをいつまでも忘れないでいてください。いつでも二人で手をつなぎ、相手のことを愛しく思いながら楽しく暮らせますように。今日という日、本当におめでとう。ご結婚おめでとうございます。

・ご結婚おめでとうございます。今日の日の感激はひとしおのことと思います。お互いを思いやり、ご両親様を大切に、あたたかいご家庭をおつくりになられますよう、末ながいお幸せをお祈りいたします。

・●●さん、●●さん、ご結婚おめでとうございます。今日の佳き日に永遠の誓いを交わされたお二人、いつまでも愛と信頼に結ばれ、記念日を重ねる度にその愛がますます深まりますようにお祈りいたします。

・ご結婚おめでとうございます。『愛』という字は『心』を『受ける』と書きます。お互いを気配りし、思いやりのある明るいご家庭を築いてください。職場のみんなで応援しています。

・ご結婚おめでとうございます。新しい人生のスタートの日を迎えられ、喜びでいっぱいのことと思います。お二人のこれからの人生に幸多きことを心からお祈りしております。

・●●さん、●●さん、ご結婚おめでとうございます。これからの長い人生、お互いに助け愛、二人で譲り愛、心から想い愛、愛情あふれる明るいご家庭を築いていってください。

「贈答のルールとお金の事典」より

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

「NTT D-MAIL」より